お知らせ

※現在サイト切り替え作業中につき一部ページ(ソロライブ、一部イベント等)が見れない状態です。ご迷惑をおかけいたしますがご了承ください。

Kiramune Reading Live 2018
カラーズ

日時2018年10月27日(土)
2018年10月28日(日)
会場舞浜アンフィシアター
チケット代6,480円(税込)
キャパ約2,170人
公演時間約2時間
公式サイト特設サイト

あらすじ

とあるマンションの1フロア。部屋は5つ。そこに住まう住人。不気味に、静かに、彼らの生活は「すれ違う」。
秒針の針は進む。エレベーターは駆動する。奇妙なマンションは奇妙な時間を流し続け、それが止まることはなかった。そう…管理人が現れるまでは。

キャスト

配役

青柳スグル緑川ユウイチ黄金崎シンイチ赤井ゴロウシラサワ黒部イワオ
Aチーム吉野裕行柿原徹也代永翼野島健児田中秀幸浪川大輔
Bチーム神谷浩史木村良平岡本信彦江口拓也井上和彦三木眞一郎
AチームBチーム
青柳スグル吉野裕行神谷浩史
緑川ユウイチ柿原徹也木村良平
黄金崎シンイチ代永翼岡本信彦
赤井ゴロウ野島健児江口拓也
シラサワ田中秀幸井上和彦
黒部イワオ浪川大輔三木眞一郎

Aチーム:27日(土)昼公演/28日(日)夜公演
Bチーム:27日(土)夜公演/28日(日)昼公演

キャラクター

▼青柳スグル吉野裕行神谷浩史
元数学の助教授。金融工学を使った詐欺で巨大な権力者から不正な金を盗みとっていたプロの詐欺師。
権力者の不正を追っていたジャーナリストの恋人が、国に抹殺されたのをきっかけに、反逆児となり詐欺という裏世界に足を踏み入れることとなる。
天才詐欺師シラサワの門をたたいて弟子入りした。
チームをまとめるリーダーであり、頭の回転が早く、行動力もあるが情に引きずられるような危うさを持っている。

▼緑川ユウイチ柿原徹也木村良平
サイバーセキュリティ会社に勤めるプログラマー。灰原の親友。
もともと、日本をとりまく理不尽な環境の中で生きにくさを感じていた。
灰原の不審死を知り、そして黒部にだまされたことから、ますますその思いを強く感じるようになり、次第に青柳たちの思いに感化され、彼らの仲間になることを決意する。

▼黄金崎シンイチ代永翼岡本信彦
プログラマーでありハッカー。金には無頓着。
危険を冒してハッカー的行為をすることに喜びを見出している。
ゲーム感覚で仕事を遂行する。
中国マフィアの元で雇われていたが、その待遇の酷さから嫌気がさして逃げ出し、逃亡生活を送っていたところを青柳に拾われた。

▼赤井ゴロウ(野島健児、江口拓也
元外科医。変装の達人であり、薬剤に関するプロ。
人間の心情や感情などに興味がなく、合理的な考えの持ち主。治療費をケチる金持ち達に接するうちに、治療費詐欺を働くようになった。
『働いた分だけ報酬は受け取る』が心情。
つねにリスク&ベネフィットのバランスを考えている。
クールでドライ。

▼シラサワ(田中秀幸、井上和彦)
元数学者。ドリームキャッチャー理論の発案者。灰原の父親。
その実態は謎めいているが、現代の『欲望』を基本とした経済システムへの絶望から、金融システムの崩壊、すなわち文明社会システムの崩壊を望んでいるようである。

▼黒部イワオ浪川大輔、三木眞一郎)
警視庁エリート刑事。スマートで紳士的な対応で、被害者の心に寄り添って捜査に向き合っている善良な刑事。
というのは表向きの顔。
その裏で、警察の情報網や職権を悪用し、罪もない人からも金を騙し取って私服を肥やしている。
その根底にあるのは、制度に縛られない悪人へのコンプレックス。
コンプレックスの裏返しで、弱者が滅びることに快感を覚えるサディスティックな一面も。
金への執着がすさまじく冷静な反面、ギャンブルには目がないという一面を持っている。
警戒心が強く、実はいつ自分の悪事が見つからないかと怯えている。

グッズ

画像など詳しくは公式サイトをご確認ください。

  • ぷくぷくバッジ&アクリルキーホルダーセット[全12種](1,800円)
  • クリアファイル[2枚組](600円)
  • トートバッグ(1,500円)
  • マグカップ(1,500円)
  • ブルーハーブティー(1,200円)

サウンドトラック

収録楽曲一覧

  1. 「カラーズ」メインテーマ
  2. ブルース・イン・ザ・ダーク
  3. スモーキー・ストリート
  4. アナザー・サイド
  5. スニーキー
  6. キック・イット!
  7. ハイ・ステイクス
  8. メモリーズ
  9. 今はいない友へ
  10. ドリーム・キャッチャー
  11. シラサワのバラード

映像

※映像化未定※


タイトルとURLをコピーしました